Xceed Trilogy

■Xceed3部作

本ページでは
Xceed3部作を発信しています。

これはLinkAuter Chronicle Xceedの
根幹となる伝記物語です。

第1部、第2部、第3部で
作風の異なる作品となっており、
それぞれにテーマが異なります。

このページでは、
各部の楽しみ方を簡単にご紹介いたします。

 

■第1部 アイン・スタンスライン
『時流を描く物語』

1部

★テーマ
理想のリーダー、問題解決、イデオロギー
第1部については『境界を超えろ!』として
電子書籍化されました。
詳細は商品ページをご参照ください。

 

■第2部 エンドラル・パルス
『遺された人々が歩き出すための物語』

第2部

★テーマ
プロジェクトマネジメント、カリスマ
第2部は、
大きな喪失感を抱えた人々が繰り広げる物語です。
第1項 プロジェクト
第2項 プロジェクトマネージャ

第2部の主人公であるエンドラルは、
第1部主人公のアインと比べれば、
とても保守的なヒトです。

それでも彼が僅かな冒険の中で見つけたのは、
とても大事なものだと私は思います。
皆様にもぜひ、読んでいただきたい物語です。

また、現在連載中のクレイモアクロニクルについても
第2部に相当する物語となります。

 

■第3部 マクシード・ライゼンハルト
『未来を背負う若者たちの物語』

Xceed3

★テーマ
恋、冒険、狂気
第3部は、第1部第2部によって創られた世界の中を
キャラクターが縦横無尽に走り回る物語です。

主人公マクシード・ライゼンハルトが
自分はなんのために生まれてきたのか…
それを見つけるためクレイモアに入団したところから
物語は初まります。
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス

マクシード・ライゼンハルトの旅はどこへ向かうのか。
そして世界はどうなってしまうのか。
最後までどうぞ御覧ください。

 

■読後の楽しみ方

読後には世界設定を見ながら、
アイン、エンドラル、マックスの辿った軌跡を
振り返るとより良いでしょう。

美しい風景を順番に巡っていく軌跡に、
インダストリアルな美しさを
感じていただけると幸いです。

また、『境界を超えろ!』を購入なさった方は、
『目を奪うほどに価値が増大するプロジェクト』が
気になるかもしれませんね。

この作品は、ほんとうの意味で『みんなで創る物語』です。
あなたの力を、どうぞお貸しください。
真心をこめて
LinkAuter Chronicle Xceedプロジェクト代表
name

橋本橙佳メールマガジン
『目を奪うほどに価値が増大するプロジェクト』とは?
公式サイトやブログでは一般公開できない情報や
プレゼントをメールマガジンの読者限定でお届けしています。
登録はこちらから。


 

ページ上部へ戻る