カテゴリー:外伝

  • 第11項 契約

    ゴッズ・ヴァルスは隣の引き出しを開けると、100万エレンの束を両手いっぱいに取り出して並べる。 「金貸しが金を貸すかどうかは、全て信用に基づいている。定住しているか、定職についているか、家族は健在か、資産はあるか、…
  • 第10項 信用

    ミシェイルとクライアントの2人は、豚のような男から手に入れたアドレスへ向かうと、そこにある小さなレンガ造りの建物へ入っていった。門をくぐり、入口へ向かうまでの間に、猫をかたどった置物が幾つか置かれている。ゴッズ・ヴァルス…
  • 第9項 リスク要因と恐怖

    ミシェイルとクライアントはメルッショルド領グルジアのスラム街を目指して走っていた。ミシェイルによれば、ゴッズ・ヴァルスという仮面の男が、そのスラム街を牛耳っているという。 「よく誤解されているが、俺の父親アルネスト…
  • 第8項 プロスペクト理論とナッシュ均衡

    フォルス係長の目には悲哀の色が光っていた。 「この国は、既にグローバルの競争では戦えない国になってしまっているのです。メルッショルドは、世界中から資本が集まってくる魅力的な国です。金融経済からの税収も高く、その税金…
  • 第7項 特別会計

    ミシェイルとの会話の後、クライアントはしあわせの村の中央へ村民を集めてこれからの方向性について話した。自分は自由主義経済の世界に戻るが、しあわせの村という自然主義経済のシステムは上手く回っているから、その仕組みをこれから…
ページ上部へ戻る