カテゴリー:外伝

  • 第5項 空虚な劇

    ここはしあわせの村。 既にクライアントがミシェイルの靴や服を褒めてから7日が経つ。 「クライアント、何故あいつらは非効率さを受け入れている?」 ミシェイルはしあわせの村で農業に勤しむ…
  • 第4項 循環システム

    デロメア・テクニカに端を発したイノベーションの波は、メルッショルドヘ押し寄せていた。例えば輪転印刷機だ。この機械は、版を巻きつけた円筒に紙を押し付けることで印刷する形式の機械で、これまで主流だった平圧印刷機の20倍の速度…
  • 第3項 イノベーション

    「まだ条件を伝えていなかったな」 しあわせの村の中央で、ミシェイルの寝床を整備していた時のことだ。 クライアントはベッドを作るのに必要な木材を揃えるため、ノコギリで木材の形を整えていた。そして思い出したように…
  • 第2項 偽りの愛

    しあわせの村に入村した2人は、まず村を俯瞰できる丘を目指した。丘まででも500ベルトはあるだろう。ウォール街の隣にこのような広大な土地が残されていたことにミシェイルは驚いていた。2人は丘から吹き下ろす風に抵抗しながら歩き…
  • 第1項 自然主義経済

    メルッショルドのウォール街から少し離れた場所に、狭いあぜ道があった。 隣接する山へ続くこのあぜ道は、昼間でも薄暗く、人気がない。目下に広がる摩天楼の賑やかさと対象的に、寂れ、静寂に包まれている。おそらくウォール街の…
ページ上部へ戻る