カテゴリー:外伝

  • 第7項 忍びの森

     ゼノンの従える山賊達を率いて、アトラスは山で兎狩りを行なっていた。 「何故俺が兎を狩っているんだ」 「ゼノン、小言を言うな。俺達にはまだスポンサーがいない。自給自足で耐え忍ぶ他無かろう」 「それは理解しているつも…
  • 第6項 スヴィーナ

     夜が明け、冬の弱い日差しが差し込む。 「ビルシュタインズも随分大きくなったわね」  ビルシュタイン邸で食事の準備をしながら、リリィはパティへ話しかける。 「そうだねー、お姉ちゃんのファンも増えたよ? 私のファンも…
  • 第5項 パティ・ゼクセリア

     ビルシュタイン邸。 「ビル、ここにタオルを置いておくよ」  金髪の女性、パティ・ゼクセリアは、薄い扉で隔てられた浴槽につかる男性へ声をかけた。彼女は洗面台の上に置かれた黒鉄の仮面を見、指先を這わせる。 「どうした…
  • 第4項 山賊ゼノン

     山賊――ゼノンの襲撃に対して、復元者の反応は異様だった。彼らは山賊の襲撃を、発生した略奪を受け入れ、また日々の生活へ戻っていったのだ。何の対策も批判もせず、まるで山賊の襲撃などなかったかのように、日常を取り繕っている。…
  • 第3項 ビルシュタイン

     アトラスとヴァリアスは、ビルシュタインズの住処から少し離れた場所を拠点として、シーガルの観光を始めた。アトラスは人間に恐れを抱くわけでもなく、ビルシュタインズに遠慮するわけでもなく、日々の暮らしに必要なものがあれば、両…
ページ上部へ戻る