カテゴリー:外伝

  • 第11項 泣き落とし

    〈覚悟……。私には〉  クラリスはファリスの言葉に即答することができなかった。  クラリスは最初、純粋な気持ちで『ルクシオンのために』レイドサイクロンを立ち上げたはずだった。だが彼女の決意はすでに揺らぎ、アンドレイア…
  • 第10項 レイヤー差

     ヴィヴァリンとルクシオンの国境の地に、仏像が置かれた小さな館がある。  クラリスはここでユンの知人と会うことになった。静寂に包まれる薄暗い館の中で、知人が到着するまでの間、クラリスはタイナのことを考えていた。 〈サ…
  • 第9項 サイドランド

    「キャッ」  クラリスは小さく悲鳴を上げて飛び上がった。窓の外に白いだるまのような怪物が佇んでいるのを見たからだ。 「ユンさん……あれ……あれ!」 「ああ、驚かせちゃった? 私の相棒なんだけど」  ユンは窓を開け…
  • 第8項 元アイドル

     クラリスが目を覚ましたのはログハウスの中だった。彼女がゆっくりと身を起こすと、肌触りの良い白のワンピースが身体を包んでいることがわかった。 〈この服、すごく可愛い〉  クラリスはくるりと回ってから、こんなことをして…
  • 第7項 倫理の操作

     屈強な男の腕がクラリスの服に伸びる。  ひとりが手を出せば、後は雪崩のようだった。後ろからクラリスに抱きつき、胸部に手をやる男が現れたかと思えば、別の男が首元に口づけをしようと顔を近づける。 「やめて! みんな! …
ページ上部へ戻る