カテゴリー:外伝

  • 第3項 イノベーション

    「まだ条件を伝えていなかったな」 しあわせの村の中央で、ミシェイルの寝床を整備していた時のことだ。 クライアントはベッドを作るのに必要な木材を揃えるため、ノコギリで木材の形を整えていた。そして思い出したように…
  • 第2項 偽りの愛

    しあわせの村に入村した2人は、まず村を俯瞰できる丘を目指した。丘まででも500ベルトはあるだろう。ウォール街の隣にこのような広大な土地が残されていたことにミシェイルは驚いていた。2人は丘から吹き下ろす風に抵抗しながら歩き…
  • 第1項 自然主義経済

    メルッショルドのウォール街から少し離れた場所に、狭いあぜ道があった。 隣接する山へ続くこのあぜ道は、昼間でも薄暗く、人気がない。目下に広がる摩天楼の賑やかさと対象的に、寂れ、静寂に包まれている。おそらくウォール街の…
  • 第9項 迷いを抱えて

    魔物たちがキャンプ地の中心部に降り立ったのは、国際連合軍全体に伝令が行き渡り、戦闘態勢が整うより前だった。 「騎兵やライフル兵は戦闘の準備ができていない。歩兵隊と紋章術師で時間を稼ぐぞ!魔物を囲め!」 ラ…
  • 第8項 クーデター

    翌朝の朝食時。ミストルティンは興奮冷めやらぬ様子で、エスカリョーネに前日の話をしていた。 「それでね、サンスポットさんがその大きな蜘蛛を、極大魔法で追い払ってくれたの。すっごくカッコ良かった。あっ、極大魔法っていう…
ページ上部へ戻る