カテゴリー:インビジブルハンド

  • 最終項 愛の花束

    メタトロニア・グドヴィンはミシェイルの借り入れていた10億エレンを一括でフレアへ支払った。100万エレンの札束が1000個並ぶ光景に、フレアとミシェイルは驚愕するばかりだ。 メタトロニア・グドヴィンは札束を並べなが…
  • 第18項 服従

    「それ、だけは。許してもらえないか」 ミシェイルは絞り出すように声を出した。いつもの自信に満ちた雰囲気は消え去り、冷や汗すらもかいている。 「頼む」 彼は床に膝をつき、フレアへ頭を下げた。 フレア…
  • 第17項 灰被りの少年

    「コングラチュレーショーン!コングラチュレーショーン!王子、コン、グラチュレーショーン!!」 フレアは壊れた時計のように大声で叫ぶ。叩き起こされたミシェイルは、ボサボサの髪をいきり立てながら、ドスの利いた声を出した…
  • 第16項 最後の選択

    ミシェイルはクライアントの静止を無視し、1人感情の赴くまま、科学産業技術省へ乗り込んでいた。ミシェイルは科学産業技術省の受付で産業推進課の場所を聞くと、産業推進課の居室のドアをぶち破った。 あたりに戦慄が走り、ドア…
  • 第15項 税

    科学産業技術省を立ち去るフォルスの足取りは重たかった。 33歳。彼は大学を出てすぐ省庁に入った。これまで11年間、科学産業技術省に尽くしてきた。エリートともてはやされ、同期の中でも最も早く役職についた。あと30年、…
ページ上部へ戻る