Music

■コラボレーション募集中の3曲

コラボレーションのご提案はCONTACTからご連絡ください。パラアウトした音源データをお渡しします。

 

Everlasting

作詞:Toka Hashimoto, 作曲:Toka Hashimoto

この街よ 聞こえるか
俺たちは ここにいる
何にだって なってやる
希望に乗せて 語ろう

人々 は誰 かの足跡 を
探しながら歩き回っている
踏みならされたアビーロードが
俺たちを 未来へといざなう

この街に生まれた
その意味を探して
この街に生まれた
その意味を探して

この街の 法則が
人々を 並べていく
だけど君 は 泣いていた
「心が溶けてきたんだ」と

数多の希望と期待はもはや
濁りきったビー玉のようだ
それでもただ1人君のために
この道を 外れる ことを選んだ

この街に生まれた
その意味を探して
この街が生まれた
その意味を探して

この国に生まれた
その意味を探して
この国が生まれた
その意味を探して

聴こえてくる 明日の風が
見上げた 空に
星 屑を そっと
抱き よせ る から

人々 は誰 かの足跡 を
探しながら歩き回っている
踏みならされたアビーロードが
俺たちを 未来へといざなう

この街に生まれた
その意味を探して
この街が生まれた
その意味を探して

この星に生まれた
その意味を探して
この星が生まれた
その意味を探して

※作中の登場バンド『X-tuned』がシンクトンクで叛逆していた頃、手がけた楽曲という設定です。

 

スポンサーリンク

GoodLuck O’Brien

作詞:Toka Hashimoto, 作曲:Toka Hashimoto

ふり かえれば 聞こえる
楽しげな 笑い声
食卓のソーセージの
かおりが 漂う

ほんの数年前は
静寂に包まれていた
ストリートに笑い声が
満ちている

この まま 歩き続けようか
いま まで 壁に阻まれていた
どこ まで 行けるかわからないが
道は 続いているさ

ある人は 絵を描き
ある人は 歌を歌い
(ある人は)酒に溺れて 陽気な声で笑ってる
大きな目をした子どもが
水を差し入れている
この子が大きくなるまでには
もっともっともっと

この まま 歩き続けようか
いま まで 壁に阻まれていた
どこ まで 行けるかわからないが
道は 続いているさ

信じること を やめるな
信じること を やめるな
信じること を やめるな

※作中の登場バンド『X-tuned』が手がけた楽曲という設定です。

 

夜のとばり

作詞:Toka Hashimoto, 作曲:Toka Hashimoto

季節は巡ってく
それぞれが想い抱いて
此処に立ちつくす
まだ君を見つめていた

どれだけ発した 言葉以外に
いまきみを(き)みを
どれだけ発した 言葉以外に
いまきみを(き)みを
きみを想う(ことができるだろうか)

奇跡でも幻でもない
non editableな記憶
こびりついたresid
奇跡でも幻ではない孤独に
illegals for one mind

記憶をたどってく
それぞれの願い抱いて
祈り 焼きついて
いま声が聞こえていない

どれだけ発した 言葉以外に
いまきみを(き)みを
どれだけ発した 言葉以外に
いまきみを(き)みを
きみを想う(ことができるだろうか)

奇跡でも幻でもない
non editableな記憶
こびりついたresid
奇跡でも幻ではない孤独に
illegals for one mind

奇跡でも幻でもない
non editableな記憶
こびりついたresid
奇跡でも幻ではない孤独に
illegals for one mind

第2部エンドラル・パルスのテーマ曲という設定です。

 

アイン・スタンスライン
​~​心の羅針盤が駆る未来~

作詞:Toka Hashimoto, 作曲:Chaco, 編曲:HiNATA@灼熱P

「もしも君がいたら 僕はどんなふうに生きてきたろう
遠い先に君の影ばかり 見ながらここまで歩いてきたけれど」

思案 呑みこむ 闇の果て
追いかけて叩く光の扉 ああ
君は笑ってくれるのだろうか こんな僕に

心に空いた想い いつも抱えて進んでいるよ
胸の中の扉が さしのべた手と手 合わせてみる
いずれ人も町も 何もかも変わっていくね
走り出した道先 求めた願い無くても
立ち止まる選択 それだけはないいつも君の
君の背中に 追い付きたいからきっと

遠い 果てしない 無邪気な夢が
形作る自分(わたし)
過ぎた過去 軋轢 慄然(りつぜん)が
絶望を招き入れるとしても

僕はこの生き方 決して決して
決して決して後悔なんてしないよ

思案呑みこんだ 闇の果て
追いか けた もがいた
つか んだ 届いた 光の扉
僕は笑いかけるよ 君に

もしもたった一人
世界(パンゲア)に立ち尽くしていても
孤独 におびえ 誰かの傍で 並走する必要はないさ
僕が 見てる空も雲も虹も 僕たちをつなげてく
果てしない夢たちは綺羅星の ように瞬き輝いて Eh
僕たちの歩みを 後押しして
高みへと導いてくれるから Ah

祝福と賛辞の雨 Ah Ah
祝福と賛辞の雨 Ah Ah
祝福と賛辞の雨 Ah Ah 愛おしい

ページ上部へ戻る