境界を超えろ!【電子書籍】

IMG_6105

今すぐ購入する

同期と100万円の差?

 著者の橋本橙佳は、東証一部上場企業でSランクを取り続けるプロジェクトリーダー。どんな気難しい人ともすぐに打ち解けてしまうコミュ力お化けとして知られています。そして彼の給料は同期の中でも最も高い。ある同期との年収の差は、100万円にも及びます。彼は、この年収の差が1年や2年の業績の差ではないことを知っています。会社に入ってから7年間で積み上げてきた信頼が彼の年収をここまで高めました。

 彼が一度話し出すと、多くのメンバーが耳を傾けます。メンバーが直面している課題を解決するための明瞭なアイデアが語られるからです。プロジェクトを進めるために必要な環境構築に関して、10人のメンバーが1週間議論した結果、メンバー間の対立が発生してプロジェクトが前に進まなくなったことがありました。そのとき橋本橙佳はコミュニケーションの問題を解決して、わずか1時間で環境構築を前に進めました。

 つまり、この本で橋本橙佳の分身であるアイン・スタンスラインが語る課題解決は、本で得た知識だけを振りかざし、実際にプロジェクトの課題解決を行ったこともないような理論家のものではありません。実践で使った、課題解決の考え方なのです。

 あなたは課題解決でこんな間違いしていませんか?

エイヤッ!と自分の「直感」で対処法を決めてしまう
「リソースが問題だからリソースをもっと増やそう
競合が同じような解決方法を行っていたのでそれに習おう
「不足しているものを足せば対処ができる」と、場当たり的な対処を決めてしまう

 このような間違いは、あなたも身に覚えがあると思います。しかし、この本によれば、これらの間違いは、次の最大の間違いに比べれば小さな事です。それは・・・人生にも課題解決が適用できるということです。

ここに大きな問題があります

 ほとんどのサラリーマンは、自分が直面している課題を意識しておらず、自分に与えられたリソースを知りません。そして、今は決して景気がよくないので、「ひとまず会社に雇ってもらって給料をもらわないと」と考え、自分の時間を安売りしてしまいます。お金は麻薬のようなもので、給料を受け取った時は、気分がよくハイになることができます。しかし、麻薬が切れると、、、またお金を手に入れなければ生活が出来ない・・・という負のスパイラルを作ってしまいます。

 この「境界を超えろ!」のメインのテーマは、アイン・スタンスラインが『わずか8歳で気づいたこと』を理解してもらうこと。いかに、あなたの人生をあなたの望むものに近づけていくか?ということです。そして、それらを理論や理屈ではなく、アイン・スタンスラインという若者の人生を描いていく中で、読者に考えてもらうのがこの本の目的です。

 著者橋本橙佳自身の実体験や、彼の同僚の実体験をアレンジして書かれたのがこの本です。なので、効果実証済み。極めて実用的な課題解決の本だと言えます。

 思い浮かべてみてください。幸せに生きている人々はみんな、自分の時間を安売りなんてしていません。「自分の価値観」を持って、自分の意志でやりたいことをやっている人がほとんどです。もしあなたがゲームのルールを理解すること、つまりあなたが人生に限りがあると気づき、人類が築き上げてきた叡智であるフレームワークを学び、人の役に立ち続けることで世界を変えられると気付くことができれば、人生は生まれかわります。

 幸福度は何倍にもなるでしょう。それを発信して影響力をもってもいいし、その分、まわりの人に幸せをおすそ分けしてもっと人間関係を拡大してもいいでしょう。いずれにせよ、今より早く的確に課題を見抜いて解決することができれば、やっていることは全く同じでも、人生は生まれ変わります。

「世界の問題を解決し続けた先に、全人類が求める理想の世界がある」

 これは本書の主人公アインの言葉です。もしあなたが、自分の人生でもっと高い給料を得、本来の自分らしい人生を歩みたいと思うなら、この本は必読です。この一冊をスマートフォンに入れておけばいざ、人生で迷子になりそうなときに間違いなくあなたの人生にとって、とても強力な武器になることでしょう。

 以下が本書の章立てになります。よく見てみてください。

目次
目次 4
まえがき 6
プロローグ 8
第1項 アイン・スタンスライン1(PDCA 10
第2項 アイン・スタンスライン2(5−Why 13
第3項 アイン・スタンスライン3(As Is / To be 17
第4項 マスマティカ・アスロット(ロジックツリー) 20
第5項 ケルト・シェイネン1(GROWモデル) 24
第6項 アイン・スタンスライン4(イノベーター理論) 27
第7項 アイン・スタンスライン5(FABE 30
第8項 アイン・スタンスライン6(ジョハリの窓) 34
第9項 アイン・スタンスライン7(MVV 37
第10項 ライロック・マディン1(ランチェスターの法則) 42
第11項 アイン・スタンスライン8(レヴィンの変革モデル) 45
第12項 ライロック・マディン2(ハインリッヒの法則) 49
第1項 リングリット・ラインカーネーション1(3現主義) 53
第2項 サイトウ・エルザルト・ドースティン1(期待/課題マトリクス) 57
第3項 サイトウ・エルザルト・ドースティン2(MECE 60
第4項 サイトウ・エルザルト・ドースティン3(マネジメント・ヒエラルキー) 63
第5項 ウェールズ・バレンツエーガ(プロダクトアウト/マーケットイン) 67
第6項 バルディッシュ・ブラザーズ1(CSR:社会的責任フレームワーク) 71
第7項 バルディッシュ・ブラザーズ2(PEST 74
第8項 バルディッシュ・ブラザーズ3(フォースフィールド分析) 77
第9項 バルディッシュ・ブラザーズ4(3C分析) 80
第10項 リングリット・ラインカーネーション2(親和図法) 83
第11項 リングリット・ラインカーネーション3(QCD 86
第12項 ルノワール・ラブラカニラ1(選択と集中) 89
第13項 ルノワール・ラブラカニラ2(5F:ファイブフォース) 93
第14項 ファシス・ラビル(行いのない信仰は死んでいる) 96
第15項 リングリット・ラインカーネーション4(トーマス&キルマンの対立モード) 99
第16項 ルノワール・ラブラカニラ3(タイムマシン法) 102
第17項 ヴォルター・K・グイン1(ヒト・モノ・カネ・技術・情報) 107
第18項 リノアン・デュラン1(成功の循環) 110
第19項 ライロック・マディン3(SMART 114
第20項 リノアン・デュラン2(タックマンモデル) 117
第21項 ヴォルター・K・グイン2(KPT 120
第22項 ブラエサル・グリードリッヒ1(7つの習慣) 123
第23項 ストライト(経験学習モデル) 128
第24項 ブラエサル・グリードリッヒ2(ペイオフマトリックス) 131
第25項 ブラエサル・グリードリッヒ3(プロコン表) 134
第26項 エンドラル・パルス(ABC理論) 137
第27項 ジョッシュ・エバーグリーン(競争戦略ポジショニング) 140
第1項 ルミナス・カラフル(PM理論) 145
第2項 ズフィルー皇帝1(ブレーンストーミング) 150
第3項 ズフィルー皇帝2(SCAMPER 154
第4項 ズフィルー皇帝3(CMMI 158
第5項 ケルト・シェイネン2(サリエリとアマデウスのモデル) 162
エピローグ(問題解決のための原理原則) 166
あとがき 170
用語集 172
解説 アイン・スタンスラインを越えて 175
参考文献 177

などなど、課題解決の方法を知り、あなたの人生の幸福度を上げる秘訣がもりだくださんです。 この本を読み終わるころには、課題に対する恐怖心や身構える気持ちから解放され、 自信と課題解決に対する正しい知識と創造性を身につけて、あなたの人生の目的を短期間で達成することができるでしょう。

今ならこちらを購入いただくと、下記の3点もプレゼントします。
これらは以前1,500円で販売していた作品です。

 

 

■LinkAuterChronicleXceed1境界を超えろ外伝ケルト・シェイネン
アイン・スタンスラインの影であるキャラクター、
ケルト・シェイネンの目線から物語を再構成。
外伝ケルト・シェイネン

■LinkAuterChronicleXceed1境界を超えろAppendix5トライブ
細かな外伝集。他作家さまのコラボレーション作品
『春待つワタシ』
『ササラ・ナイト・チエリー』を収録。
外伝集5トライブ

■LinkAuterChronicleXceed1境界を超えろAppendix設定資料集
年表、キャラクターの設定資料、世界設定を収録。
設定資料

※購入頂いた後、メールでダウンロードパスをお送りします。

さらに今回は
■A4サイズのイラストボード7枚
ふーみ様のイラストの他、電子書籍に未収録のイラストも収録しています。
IMG_6270

■Xceedのトートバッグ
しっかりした作りで、A4サイズの本が横向きに入ります。
かっこいいデザインのロゴ入り。
IMG_6271

をつけさせていただきます。
この特典は在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。
購入後メールをお送りしますので住所を共有くださいね。

 

今すぐ購入する

kirerofumiやすのreckressnecomiyuuiti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製本版を入手されたい方はこちらをクリック。

ページ上部へ戻る