プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします!

59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895

自分の物語に挿絵を入れたいと感じたことはありませんか?

 

はじめまして。
不動産投資家兼、株式投資家兼、小説家兼、創作プロデューサーの
橋本橙佳と申します(肩書多いですね笑)。

 

最初にお伝えしておきますと、このページは創作者の方に向けたページです。
何かを創ろうという気持ちのない方とっては、読む必要のないページになりますので、
『戻る』ボタンを押して、このページから出ていかれることをオススメします。

 

 

創作者のあなたへ

まずはおめでとうございます。
このページはあなたのお役に立てることをお約束します。

少しだけ私の自己紹介にお付き合いください。
私は2015年1月にスノーボードで腰の骨を骨折し、5ヶ月間入院生活を送りました。

そのときに命は短いということを感じ、
自分のやりたいことは本当は何なのかを考えて、
幼い頃からずっと思い続けてきた創作をやりたい、
創作に関わる方々と一緒に日本の経済を動かしたい。

と考え、2015年5月から、LinkAuter Chronicle Xceedという創作活動を行っています。
http://linkauter-chronicle-xceed.com/

 

この作品を創っていく中で、
私自身が『嬉しい』と感じたことを、
あなたにも体験して欲しいと思い、
このページを作りました。

 

 

突然ですがあなたは、
自分の物語に挿絵を入れたいと感じたことはありませんか?

 

挿絵は、作品を彩る上でとても重要な要素です。
あなたにもこういった経験がありませんか?

・表紙のイラストに惹かれてライトノベルを購入した。
・好きなイラストレーターがイラストを描いているライトノベルを探して購入した。
・挿絵のイラストを見たことで、ライトノベルの世界観を具体的にイメージできるようになった。

 

イラストに含まれる情報量は、文章の10倍だと言われます。

つまり1枚のイラストは、多くの方に早く、

強烈に作品の魅力を伝えることができるということです。

 

TwitterやFacebookといったSNSでも、

カッコいい、可愛いイラストがタイムラインに流れてきたら、

つい目をやってしまいますよね。

 

イラストにはそれだけ多くの人を引きつける魅力があります。

自分の作品をアピールしたい人にとっては、強力な武器ですよね。

 

自分自身の世界も広がる

挿絵を描いてもらうメリットは、

周りの人にアピールできることだけではありません。

 

本当に素晴らしいイラストレータ様の力を借りれば、

あなたが想像もしなかったところへ、作品を連れて行ってくれます。

 

例えば私の例を出しましょう。
私は中学校2年生の時から大学1年生の時まで絵を描いていました。

そのときに生まれたキャラクターたちを形にしたのが、

LinkAuter Chronicle Xceedという創作活動です。
私が大学1年生の時にデザインしたキャラクターは、

イラストレータ様の力を借りて、こんな風に生まれ変わりました。

 


 

  a anna

mmineruda

ssofia


どうですか?
とんでもなく、世界が広がったと感じませんか?

 

私はこのイラストを描いて頂いた時、世の中にはすごい人達がいて、
その人達の想像力を合わせれば、私1人では到底たどり着けなかった場所へ
たどり着くことができると確信しました。

 

あなたにも是非、自分の想像以上のものを生み出してくださる
クリエイター様の凄さを感じていただきたいです。

 

是非あなたの作品に挿絵をつけるお手伝いをさせてください。

 

料金、依頼方法についてはこちらのページから。

 

ページ上部へ戻る