カテゴリー:本編

  • max

    第28項 邪神ディアボロス

     エドガーの用意したボートは、通常のボートよりもスピードが出た。とはいえ速度は時速30キロベルト。このボートに乗ったマックス、エドガー、レイ、エティナの4人は最低限の食糧と水、武装を持って、マタリカ大陸からエレメンシア大…
  • max

    第27項 儀式

    “不死鳥”は、民族的な紋様の入った首振り人形だった。表情はなく、手足の動きもない。ただ空に浮き、念力によってエルフィの身動きを取れなくしていた。「エルフィー!!」 クレイモアのキャンプに戻ってきたマックスが、…
  • max

    第26項 カリアス・トリーヴァ

    「ようこそ、復元者の少年。あの砲火の中をよくここまで辿り着いた」 顔に傷のある男――カリアス・トリーヴァは超越者だ。18年前にアイン・スタンスラインと入れ替わりに、この世界に現れた。彼は窓を突き破って目の前に現れた青年を…
  • max

    第25項 戦場の男女

     ルドルフはアトラスから届いた暗号文を解読し、熟考していた。「不味いな。ここからじゃ兵を送ろうにも時間がな。俺とゼノンは前線を維持しなければならんし。エッジの足なら、間に合うか」「『準備が整い次第』という書き方だと、日に…
  • max

    第24項 神の光

     ルドルフにスヴィーナ、ゼノン、エッジまでがマタリカ大陸に集結し、クレイモアは四天王総力をあげてファルコンとの戦争を繰り広げていた。そんな中、戦傷者の救出にあたっていたデモリューションのリーダー、ヴァリアスは想う。『アト…
ページ上部へ戻る