カテゴリー:クレイモアクロニクル

  • atlas

    第10項 忍者エッジ

     アトラスのチームに勢いがつき始めていた。この兆候はビルシュタインズに焦りを生んだ。ビルシュタインズのリリィ・ゼクセリアはこのときリスクコントロールに取り組み、組織としてあらかじめ作成していたリスク登録簿――プロジェクト…
  • atlas

    第9項 アルネスト・リークラク

     『疾風の森を駆ける王者』の出来事以来、ビルシュタインに反旗を翻す者達が現れ始めた。しかしそれらの多くはビルシュタインズによって鎮静された。ビルシュタインズが実施したのは、復元者が人間から差別されていることに対する怒りを…
  • atlas

    第8項 疾風の森を駆ける王者

    「さあ、お前達はどうする。忍びの者と共に滅ぶことを選ぶか、それとも我々と共に生きることを選ぶか」  ビルシュタインはアトラスに剣を向けた。アトラスははっはと豪快に笑う。 「ビルシュタインよ、我が名はアトラス。お前のよ…
  • atlas

    第7項 忍びの森

     ゼノンの従える山賊達を率いて、アトラスは山で兎狩りを行なっていた。 「何故俺が兎を狩っているんだ」 「ゼノン、小言を言うな。俺達にはまだスポンサーがいない。自給自足で耐え忍ぶ他無かろう」 「それは理解しているつも…
  • atlas

    第6項 スヴィーナ

     夜が明け、冬の弱い日差しが差し込む。 「ビルシュタインズも随分大きくなったわね」  ビルシュタイン邸で食事の準備をしながら、リリィはパティへ話しかける。 「そうだねー、お姉ちゃんのファンも増えたよ? 私のファンも…
ページ上部へ戻る