第10項 フィボナッチ数

「ローディア!」

パンサーが慌てふためき、叫んだ。

「セフィロス、あんた!」

セフィロスはこめかみを押さえ、信じられないという風に首を振っていた。

そこに降り注いだのはディーオーエムオーだ。このジャガイモは、混乱しているセフィロスの後頭部にエルボードロップをかました。セフィロスはよろめき、膝をつく。膝をつきながらもセフィロスは、ディーオーエムオーに怒りを込めて、尋ねた。

「なぜ、君は彼女を守らなかった」

「あたりまえだろう。神は自分のことだけ考える。それが私のポリシーだい」

「信じられない・・・。私は、なぜ彼女の精神を、喰った・・・」

セフィロスは背中を丸めて何をか呟いていた。

 

パンサーは床に倒れ込んだローディアを懸命に揺すっていた。それでもローディアは眉1つ動かさない。パンサーは彼女を抱きしめて、嗚咽した。

「セフィロス、ローディアの精神を元に戻すことはできないのかよ。あんた、精神の神なんだろう? どうにかしてくれよ、どうにか」

「私には、消えた精神を元に戻す力はない」

セフィロスの言葉はパンサーの心を砕いた。

「じゃあ、ローディアはもう、戻ってこないのかよ」

「神はテーブルをひっくり返したりしない。ひっくり返すことは、できないのだ」

セフィロスはパンサーへ手を伸ばした。

だがパンサーは、セフィロスの手を振り払った。

「せめて、彼女を神衛隊の医務室へ。君にも特別な部屋を用意しよう」

それはセフィロスなりの償いだったのかもしれない。神の哀しげな表情は、パンサーの心を吸い込んだ。彼はその提案を拒絶することができなかった。

セフィロスの命により、数名の神衛隊隊員が呼び寄せられた。白人もいれば黒人もいる、様々な人種から構成された集団だ。彼らはローディアを担架に乗せると、教会の奥にある医務室へとまっすぐに向かった。その医務室は白い大理石に包まれた清潔感のある場所で、天井には大きなガラス窓がはめ込まれており、そこから暖かい日差しが差し込んでいた。

ローディアは医務室のベッドに寝かせられると、白髪の老婆医によって身体を調べられた。パンサーはローディアの胸の膨らみを見て、彼女が自分の知っている妹ではなく、女性なのだと認識し、医務室を出て老婆医の診断結果を待った。

老婆医の診断結果は、芳しくないものだった。呼吸こそ続いているが、痛みを与えても意識を取り戻す気配は無い。パンサーはローディアの手を握り、また泣いた。

「やっと、昔みたいに話せるようになってきたじゃねえか。なあ、ローディア。俺を置いて行かないでくれ」

涙をこぼすパンサーに、スタッフの誰も声をかけられなかった。

パンサーが赤い目をして、ベッドから顔を上げたとき、目の前にいたのはディーオーエムオーだ。ディーオーエムオーは無表情でローディアを見下ろしている。

「ディーオーエムオー。お前も来てくれたのか」

「ブハッッハッ」

ディーオーエムオーは突然吐血した。パンサーは目を丸くする。

「おい、ディーオーエムオー、大丈夫かよ」

「何だか私も調子が悪いんだい」

ディーオーエムオーはその場に座り込む。いつもの元気はすっかり無くなっていた。

その小さくなった姿に、パンサーは大好きだったおばあちゃんを見たときのような気持ちを抱いた。

「ディーオーディーオー」

ディーオーエムオーが小刻みに揺れる。まるで何かに取り憑かれたようだ。

「ディーオーエムオー! おい、しっかりしろ」

パンサーはディーオーエムオーの両頬をバシバシ叩いて、彼の意識を保とうとした。

「のわー!」

だが、ディーオーエムオーは大きな悲鳴を上げ、そして。

頭に巨大なヒマワリが、咲いた。

「・・・え?」

ディーオーエムオーから飛び出したヒマワリは、僅かな茎と、直径30センチベルトもある花で構成されている。パンサーはその花を掴んで、ぐいと曲げてみせる。

「おい、ディーオーエムオー見てみろよ。頭にヒマワリの花が咲いてるぞ」

「ディッ、黄金角137.5度で種が詰まっているな。螺旋の数は右回りに89本、左回りに144本。うむ、しっかりフィボナッチ数になっている。さすが私の頭に咲いた花ぞ」

ディーオーエムオーはどこか誇らしそうだった。

「なんだよ、そのフィボナッチ数ってのは」

「そんなことも知らないのかい? 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144のように最初の2項、つまり0,1以後、どの項もその直前の2つの項の和となる数のことだい。多くの植物は、フィボナッチ数の花びらや、葉を持っている。神が数字に基づいて世界を作っている証拠ぞ」

ディーオーエムオーは自分の頭に咲いたヒマワリを愛おしそうに見ていた。

 


第1項 2体目の神
第2項 フラクタル
第3項 不完全性定理
第4項 バタフライ効果
第5項 対数螺旋
第6項 パラドックス
第7項 神の方程式
第8項 対称性
第9項 なぜ何もないではなく、何かがあるのか
第10項 フィボナッチ数
最終項 ゼロ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ルクシオンがまだ、ユタアース〜内側の世界〜に属していた頃の話だ。 このころルクシオンは、住人か…
  2. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  3. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。