Xceedを楽しむためのガイドライン

アイン2

こんにちは。
橋本橙佳です。

 

このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイターの方々と共に創作している作品LinkAuter Chronicle Xceedについて、この順番で読むと良いよ〜というガイドを作りたいと思い、書いているものになります。

どこから見ればいいかがわからない!

今現在本編が3部、外伝が4編連載されており、どれから読んだら良いのかわからない。
時系列を教えてほしいというご意見をいただきました。

大きな流れをご紹介いたしますと、下記のようになっています。
第1部アイン・スタンスライン(境界を超えろ!)

第1部終了後の世界

第2部エンドラル・パルス

  • 本編(プロジェクトマネジメントがテーマ)

第2部終了後の世界

第3部マクシード・ライゼンハルト

※このうち、第1部についてはもう電子書籍化されており、ホームページでご覧いただくことはできません。

 

ではどこから読めばいいかというと、
オススメはマクシード・ライゼンハルトから読んでいただくことです。

 

スポンサーリンク

第3部から読んでも理解できるの?

ストーリー自体は第1部から順番に積み上げているのですが、各部でお話は完結していますので、どこから読んでいただいても問題ありません。であれば何故マクシード・ライゼンハルトから読むことをおすすめするかというと、この第3部が冒険、恋、成長の物語だからです。

 

第1部から第3部を簡単にまとめると、

  • 第1部はアイン・スタンスラインという無敵のキャラクターが旅をしていく物語。ビジネスや問題解決というテーマもあり。
  • 第2部はエンドラル・パルスというキャラクターが、アインの背中を追いかけながらもがき苦しむ物語。プロジェクトマネジメントトイウテーマもあり。
  • 第3部はマクシード・ライゼンハルトの冒険、恋、成長の物語。

となります。

 

第1部、第2部のテーマはエッジが効いているかなと思いますので、まずはマクシード・ライゼンハルトを御覧頂いて、橋本橙佳の作風にあうかどうかをお試しいただけたらと思います。

 

テーマのない物語は書かない

橋本橙佳は基本的に、テーマがモロに見えてくるような作品を書いています。
ですので嫌いな人は嫌いなんじゃないかと思います。鼻につく、と思われるかもしれません。

 

けれども読んだ後にすぐ忘れられるような物語にはならないと思います。

どの物語も、読んでみてイラッとすることもあるかもしれませんし、プロジェクトレボリューションなんかは余りにも科学を持ち上げすぎて胡散臭いと思われるかもしれません。

 

けれどもなんとなく、言いたいことはわかっていただけるのではないでしょうか。そういった物語を書くようにしています。
テーマとか暑苦しいな、頭が痛くなるなと思われる方は私の作品はあわないかもしれません。

その分、他のクリエイター様からいただいた外伝作品が私の悪いところをカバーしてくださっています。本編で伝えたいことを汲んだ上で、とても楽しい物語にしていただいています。

 

良い大人達がサンタコス姉妹にガチで目の色変えている件では、エル・クリスタニアアカデミーでのアイン・スタンスラインの冒険を描いてくださっています。この物語だけを読んでいただいてももちろん楽しめます。第3部の後はこちらを読んでいただけますと楽しいのではないでしょうか。

 

第3部から楽しむガイドライン

1.まずはマクシード・ライゼンハルトを読んで頂き、エンドラルやクラリスという単語と、アインという単語をぼんやりと覚える。

2.第1部本編を読んで頂き、アイン・スタンスラインの冒険を見ていただく。この人物がいかに大物かも感じていただけると思います。

3.良い大人達がサンタコス姉妹にガチで目の色変えている件でアインの冒険を追っていただきつつ、第2部本編でエンドラルの成長を親になった気持ちで見守る。

4.クレイモアクロニクルでアトラスの、プロジェクトレボリューションでカリアスのカリスマ性を追う。

5.神を語るジャガイモでなんだこれwと笑う。

 

そんな楽しみ方が良いのではないかと思いました。ぜひマクシード・ライゼンハルトから読んでみてください。そしてどこかの作品で外伝を書いてみたい!と思われたら橋本橙佳までご連絡ください!一緒に作品を創っていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  2. アイン2
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…
  3. gaiden1
    これは、秘匿とされた物語。 &nb…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。