私がAmazonではなくDLMarketで作品を配信している理由

shoseki

こんにちは、橋本橙佳です。

ホームページにもリンクを貼らせていただいていますが、電子書籍をDLMarketで配信しています。

おかげさまで好評をいただいています。
ご購入頂いたみなさま、ありがとうございます。

 

読んでいただいた方の人生の糧になるよう、出来る限りの教養を含みました。物語がお気に召されない方でも、素敵な絵師様の描く世界と、幅広い世界を感じさせる世界観が楽しめるようになっています。

ぜひともご購入を検討ください。

 

ところで、こうしてDLMarketで販売を行っているとAmazon Kindleでは販売しないのですか?というお問合わせをいただくことがあります。

将来的にAmazonの仕組みが変われば別ですが、今のところはKindleで発売する予定はありません。

何故Kindleで発売しないのか

色々と理由を考えてみたのですが、意外とAmazonでも対応ができることがわかりました。

 

例えば
・マルチメディアの展開ができない?
→MP3も販売できるので、電子書籍とMP3をセット販売すれば良い?
・製本ができない?
→「MyISBN」という機能を用いることで、Amazonの電子書籍も製本できます。書籍データ登録時に4980円を支払うことで紙の本が製本可能。
・商品のアップデートができない?
→本作は日々アップデートされていきます。本の価値は次第に上昇していくけれども、価格は据え置きにするという計画をしています。つまり、どんどん商品がお得になっていくということです。ではそれを実現するためにはどうすればよいかというと、一度登録した商品を更新する必要があります。Amazonではコンテンツの内容更新が可能のようですので、これも満たしています。

 

というわけで、Kindleで販売しない理由はほとんどないのですが、ただ1点だけ譲れない部分があります。
それは
・あなたに利益を取っていただくことが出来ない
ことです。

 

Amazonですと本や音楽を紹介して頂いた際の紹介料が3%しかありません。
2000円の本を紹介していただいても、60円しか紹介者に入らない。
これでは紹介者に旨味がないなーと思うのです。

 

その点DLMarketでは2000円の本に対して、1000円の紹介料をお支払することが可能です。私の本は紹介料を55%にしていますので、定価であればそれくらいの紹介料が入ってきます。

60円でもお小遣いが入れば嬉しいという方もいらっしゃるのかもしれませんが、せっかくなら1000円入ったほうが良いですよね。ですので私はDLMarketで販売をするようにしています。

 

Amazonでも紹介者への紹介料を自由に設定できれば良いんですけどね。。。

 

参考までに、DLMarketで私の本を紹介する方法をご紹介します。
※皆さん、私が特価販売をし始めたら怒った方がいいです。紹介料が減っちゃいますから。

 

スライド01
スライド02

スライド03

スライド04

スライド05

スライド06

スライド07

スライド08

スライド09

スライド10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る