『境界を超えろ!』製本レビュー

IMG_6105

こんにちは。
橋本橙佳です。

今回はDLMarketで販売中の『境界を超えろ!』本編(通称青本)を製本してみましたので、そのレビューをさせていただきます。

ページ数178ページ、うち73ページがカラーという超々豪華な作りとなっています。
まずは表紙。PC上でも綺麗めなデザインが光っていましたが、現物で手に取ると青と白のバランスが最高に美しいです。

IMG_6105

横から見た写真です。
どうですか、凄く分厚くて迫力あります。サイズはA4サイズですから、手に持った時にずっしりと重みがあります。

IMG_6113

中身の写真もお見せします。
もともと美麗なイラストですが、印刷されてみると更に美しく見えます。

IMG_6106

IMG_6112

控えめに言って神!ですね。

IMG_6114

描き込まれたイラストの数々に浸りながら、本編を楽しむことができます。
ホームページ上に掲載している第1部アイン・スタンスラインから大幅に加筆されており、アインが故郷の村を出た心意や、アインとリングリットの間の気持ちの揺らぎがわかるようになっています。

ホームページ上に連載していた時は心理描写の少なさが弱点としてあげられていましたが、大幅な加筆がその弱点を克服しています。だとすれば、この作品の素敵さはもはや疑いようがないでしょう。まさしく極上の逸品。

金額は4,680になります。ぜひ手にとって見てください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る