第28項 邪神ディアボロス

max

 エドガーの用意したボートは、通常のボートよりもスピードが出た。とはいえ速度は時速30キロベルト。このボートに乗ったマックス、エドガー、レイ、エティナの4人は最低限の食糧と水、武装を持って、マタリカ大陸からエレメンシア大陸への上陸を図った。進む方向をコンパスで確認し、およそ30時間、距離にして900キロベルトを彼らはボートで走り続けた。

 そしてエレメンシア大陸の海岸線を見つけた時、彼らは4人で手を合わせた。この頃にはレイの体調も随分回復していた。驚異的な回復力だ。
「しかしこっからどーするか。マックス、エルフィのいる場所とかわからねーの?」
「多分こっちだ」
「すげえ、ほんとにわかるんだ」
「変な埴輪の飛んでいった方向をずっと覚えてた。クレイモアのキャンプから、埴輪の飛んでいった方向へずっと行くと、こっちの方角になる。わざわざ遠回りして目的地には行かないだろう」
「なるほどね。あの埴輪の飛んでいった先に目的地はあるってことだ。そう信じるしかないわな」

 4人は”不死鳥”の飛んでいった方向へ、ひたすら歩く。道中には、元サイドランドの町並みも広がっていた。彼らはそこで、不気味な生物と出会う。顔は黒毛の牛のようで右目には貝殻がくっついており、体は黒いゴミ袋に似ていて、そこから6本の触手が生えている。エティナはエドガーの後ろに隠れた。

『そう気味悪がるな。私はメイ=グゥォタン。かつて”人間”が造り出した生き物だ。リングリット・ラインカーネーションの子守りをしていたこともある』
 そう言って、生き物は4人を見回すと、うんうんと頷いた。
『君たちの目的地は、この先ではない。もう少し北の森の中にある石造りの建物の中だ。そこでは暗黒教団というカルト集団が活動していて、神の復活を企てている。君の友達は、その計画に利用されたようだ』
「どうして、そんなことがわかるんです!?」
 マックスは問う。
『2000年前に計算された結果だ。そして君たちが来たのも計算通り。そして最悪の事態を避けることが出来るかどうかは、君たちの頑張り次第だ』
 メイ=グゥォタンは、4人にそう伝えると、エドガーがこれに食らいついた。
「あんたがすげー、頭いいことはわかった。けど、2000年前の計算通りなんて、胸くそわりい! リングリットって、アイン・スタンスラインの奥さんだろ。あんたはリングリットさんを守ることが出来なかった。ってことはあんたの計算ってのは、未来を何となく予想できるってだけで、不完全なもんだって事だ。俺たちをそんなレールの上に乗せるんじゃねえ。ありがと、う!」
 エドガーは言って、礼をしてその場を後にした。

『小気味いい若者だ。私も、この勝手に未来を予測するCPUがなければ、あのように人生を楽しめたのかもしれんな』
 メイ=グゥォタンはフォッフォと笑うと、再びサイドランドの森の奥へ消えていった。

***

 マックス達が祭壇を見つけ、その中へ突入したのはこの1時間後だ。エドガーは持ってきていたグレネードランチャーで祭壇の扉を破壊すると、まっすぐに最深部まで走っていく。エルフィの周りに、変な男達が群がっているのを見たのは、そのときだ。

「エルフィ!」
 マックスが叫んだ。ゼットバーンがマックスの声に気づく。彼は闇の獣を召喚し、4人に向かわせた。マックスはブレイブソウルで獣を切り倒していく。
「エルフィを返せ!」
「ヒトが入ったか。だが、遅かったようだ」
 ゼットバーンは、魂を宿し始めた躯に視線を向けた。躯の頭部――骸骨のくぼみに褐色の目玉が生まれ、存在しなかった筋肉が、骨と骨を結びつけていく。

 ギャアァァァァ!

 断末魔の叫びのような声が聞こえたのは、そのすぐ後だ。邪神ディアボロスは、そこに降臨した。
「なんだ、あの化け物は・・・」
 エドガーは体が震え始めるのを止められなかった。

『ようやく戻ってきた。これでヒトの世界を終わらせられる』
 邪神から、黒い瘴気が発せられる。暗黒教団の信者たちは、それを浴びて肉が溶け、骨だけの存在となった。それでも骨は蠢いている。マックスたちはエルフィを助け出し、瘴気に当たらないよう、祭壇をあとにした。



スポンサーリンク

《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス←いまここ
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る