第24項 神の光

max

 ルドルフにスヴィーナ、ゼノン、エッジまでがマタリカ大陸に集結し、クレイモアは四天王総力をあげてファルコンとの戦争を繰り広げていた。そんな中、戦傷者の救出にあたっていたデモリューションのリーダー、ヴァリアスは想う。

『アトラスが、1人で戦っている』
 エレメンシア大陸西部オルヴェンスワンで、神の軍勢を相手にたった1人で戦う戦士アトラス。その負担は想像し難きものに思えた。

***

 オルヴェンスワン――ここへ降臨した神は、周辺の復元者を操作すると同時に、神の軍勢を配備し、大地を統治させていた。この神――セフィロス神自身は、2ベルトもない、アイン・スタンスラインと同じ水色の髪を持ち、ケルト・シェイネンと同じ服装をし、羽を生やした中性的な”ヒト”だった。

 18年前、大地に降臨したセフィロスは、2000年前の最終戦争で定着した”憎悪”から、”人間を滅ぼす”という意志を強く持っていた。しかし今のセフィロスは、それほど”人間を滅ぼす”ことに対して、モチベーションが高いわけではない。

『ヒトは愚かだ』
 彼は精神の神であり、世の中にこだまする命の叫びを日夜聞き続けていた。エレメンシア大陸、マタリカ大陸、各所でヒトが殺し合っている。セフィロスは、ただただヒトの在り方を虚しいと思い、黄昏れていた。

 それでも神である彼の元には、復元者が救いを求めて集ってくる。復元者にはクレイモアという受け皿もあったが、アトラスという復元者に指揮された軍団より、神の指揮する軍団の方が生き残る確率は高い、安心だという考えの復元者も多かった。セフィロスの元にはそういった保守的な復元者が集まっていた。セフィロスによる守護を求める、弱い復元者だ。1年前、セフィロスは彼らのうちの何人かを選んで、精神の操作を行ない、積極的にクレイモアと戦う戦士とした。

 セフィロスの戦士となった復元者は、オルヴェンスワンの古代遺跡から、ある道具を発掘した。それは巨大なパラボラアンテナに見えた。中心には砲台が備え付けられている。機構を調査した結果、打ち出すのはどうやら大砲の弾ではないようだった。

 この古代兵器を復活させるために、セフィロスは2000年前の最終戦争で、自らに加えられた攻撃を思い出していた。なにか高熱の光のような攻撃があったことを覚えている。セフィロスは、この古代兵器が”レーザー砲”だということに気づいた。彼らは1年近くかけて、砲台の真ん中に設置するレンズを作成し、ついに古代兵器を復旧させた。

『その場しのぎの復旧だが、動くか』
 セフィロスは戦士達を集め、レーザー砲の近くに集めた。神は、照準をオルヴェンスワン最東部の街ディナールにあわせ、古代兵器の引き金を引いた。
 ピシュ――という音と共に、パラボラアンテナがまばゆく輝く。中央の砲台に刻まれたゲージが徐々に上昇していく。――1時間はかかっただろうか、最終的にそれは発射された。
 それは、わずかな光の矢だった。けれどもディナールに着信した光の矢は、一帯を大爆発で包んだ。街もヒトも、跡形もなく消えていく。目を開けていられないほどの目映い光が晴れると、”ディナールだった”場所には、荒野が広がっていた。

 それを見た人々は口々に言った。
「「神の光だ」」と。
 アトラスも、この攻撃をレバノンから見ていた。彼は1人、ディナールに向かわせた兵士達の冥福を祈りながら、頭の中は懸念が渦巻いていた。
「神の軍勢が、これほどの兵器を手にしたという事実は、世界のパワーバランスを崩す要因になりうる」
 彼の想像通り、この大量破壊兵器の登場は、クレイモアの隊員を狂わせる原因となった。降伏しましょう、特攻しましょう――そんな両極端の意見がアトラスの元へ寄せられるようになった。アトラスは、『神の光』に連射性はない、2度目はないと兵士に言い聞かせて、なんとかオルヴェンスワンの戦線を保っていた。彼は四天王の不在を悔やむ。
「ここに来て二方面作戦は裏目に出た。神と人間、2つを同時に相手にしたのは、私の過ちだ」

 アトラスはマタリカ大陸で戦うルドルフに暗号文を電信した。”神の軍勢が大量破壊兵器を手にした。アトラスの率いる部隊は準備が整い次第、総攻撃をかける。後のことはお前に任せる”と。



《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光←いまここ

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ルクシオンがまだ、ユタアース〜内側の世界〜に属していた頃の話だ。 このころルクシオンは、住人か…
  2. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  3. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。