第23項 エッジ

max

「いーい感じに、戦争がエスカレートしたな」
 アルバは、フィーやアーサーと共にハーネスラインの地で穏やかな日を過ごしていた。この土地はアイン・スタンスライン時代に整備されたが、神が降臨した後の混乱時に社会システムが崩壊し、見捨てられた土地となっていた。社会システムは機能していないが、わずかに暮らすヒトたちはいたので、アルバはそれを襲撃して食糧と水を得ていた。

「しっかしリーダー、あの、クレイモアの新兵器は反則だったよなー。巨大ロボット、思い出すだけでテンションあっがるうー」
「ファルコンも手を焼いてたな。結局あの、列車砲ってやつでぶっ壊したみたいだが」
「ねえねえ、列車砲ってナイフとか飛ばせないのかな。キラキラ綺麗よー?」
 3人は戦争の光景を思い出しながら、ケラケラと笑っていた。そこに忍び寄る――影。
「あ? 誰だ?」
 アルバが見たその影――は足音もなく近づいてくる。

「ちょっと、あんた誰よ、名乗りなさ・・・」
 影へ向かって啖呵を切ったフィー。しかし彼女は、言葉を言い切る前に全身から血を出して倒れた。影は両手をあわせて、拝み、名乗る。
「我が名はエッジ。クレイモア四天王の1人にして、忍びである」
「おい、アーサーこいつやべえ、逃げっぞ!」
 アルバが叫んだ時には、既にアーサーも事切れていた。エッジの放ったクナイがアーサーの喉元を貫通している。

「罪深き者どもよ、インドラの元へ召されるがよい。アルバ・ベータ。貴公には一緒に来てもらう。その絆創膏が青色に反応していると言うことは、貴公がカミュ将軍を狙撃した犯人、ということだ」
 いつのまにか、アルバ・ベータの右人差し指に絆創膏が貼られていた。この絆創膏に刻まれた指紋は、かつてルドルフが凶器のスナイパーライフルから採取したものだ。いま、その絆創膏は青く変色している。
「わかったよ。抵抗しねーから、最後に煙草だけ吸わせてくれ」
 アルバ・ベータは冷や汗をかいていた。どうすればこの状況を打破できるかを考えていた。『あいつの足下にあるアーサーの死体が使えれば』アルバはポケットから、小さな茶色の虫型装置を取り出した。アーサーが開発し、D.O.M.O爆弾と名付けた爆弾だ。この爆弾は2足歩行で移動し、死体に潜り込むと、死肉に反応して爆発する。アルバは煙草を吸う振りをしながら、この爆弾を放った。

 だが、この爆弾は踏みつぶされた。踏みつぶした主はエッジではなかった。
「お前の作戦はお見通しだ」
 D.O.M.O爆弾を踏みつぶしたのは、ファルコンの暗躍部隊レイブン、その一員であるアドヴァーグ・ドースティンだ。彼も別ルートでここに辿り着いていた。ラスタラスラで両手の親指を失っていた彼は、手首から先をオートメイル――義手化して戦い続けていた。

「だめだあー! くっそお、もうちょい先まで見たかったのに!」
 アルバは言って、大の字に寝転がった。アドヴァーグはアルバを叩き起こすと、両手両足を縄でしばった。
「あとはこの男をどちらが連れて帰るか、だが」
 アドヴァーグは剣を抜くと、エッジに向かって一閃を浴びせる。エッジはそれをかわすと、小刀による一撃をアドヴァーグへ見舞った。アドヴァーグは義手化した左手でそれを防ぐと、後方へジャンプして距離をとった。
 影――は嗤う。
「拙者は影。歴史の表には出ぬ忍びにござる。アルバの処理はそなたに一存しよう。さらば」
 エッジは言うと、アドヴァーグの前から姿を消した。アドヴァーグは虚空に対して礼をし、アルバを連れてファルコンへと帰還した。

 アドヴァーグからアルバ・ベータを引き取ったクライアント将軍は大変喜んだ。クライアントは、アルバ・ベータをクレイモアへ差し出し、停戦条約を結ぶことをフォルス提督に進言した。しかしこれに対しフォルスは、クライアント将軍の暗殺、アルバ・ベータの殺害という対応で返した。フォルス提督の目的は、復元者の滅亡であり、クレイモアとの停戦など考えられなかった。

 現状はクレイモア優勢に見えたが、このときデロメア・テクニカでは初の実戦型戦闘機が開発されており、”空爆”という一方的な攻撃手段の実現が、間近に迫っていた。だからフォルス提督は停戦でなく、継続を選択したのだ。



《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ←いまここ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ルクシオンがまだ、ユタアース〜内側の世界〜に属していた頃の話だ。 このころルクシオンは、住人か…
  2. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  3. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。