第20項 1人の人間

max

 エドガーはクレイモアと接触し、ルドルフにアルバ・ベータが今回の事件の犯人かもしれないと伝えた。ルドルフはそれを確証のない情報と一蹴したが、クレイモアの方でもアルバの行方を追うことを約束した。とはいえ、あくまで期限までにファルコンで犯人を捕らえられなければ、強攻策に出るとも伝えた。

 エドガーは、ファルコンにアルバ・ベータを追うように伝えたいと言い出した。しかしヴァリアスは、クレイモアとファルコンが敵対している状況下で、ファルコンと接触することは危険だと答えた。
「それなら、俺はデモリューションを降りる。1人の人間エドガー・ラルティーンとしてなら、ファルコンに接触してもいいだろ?」
 エドガーはデモリューションを降りることを決めた。ヴァリアスは密かに、エドガーの保護をクレイモアへ依頼し、レイがその任務を負うこととなった。

 向こう見ずなエドガーは、バイクを駆ってデロメア・テクニカの関所へ向かった。彼は緑髪だったから関所で念入りに調べられたが、紛れもない”人間”であるエドガーは、結果として関所を通過することができた。一方、茶髪のレイは関所を簡単に通過した。アルバとアーサーも、エドガーの行動を追っていた。
「あいつは不味い。殺さねーと、眠れない24時間になっちまう」
 アーサーが言った。アルバとアーサーはエドガーの動きを見ながら、彼を殺す算段を立てていた。それに気づいたレイがエドガーに警告した。

「おい、人間。お前狙われているぞ」
「え!? あれ!? レイじゃねーか。なんでここに」
「教えろ。何故、自分のためにならないことに、命を賭けられる」
「なんでって。そんなの考えたこともなかったな」
 エドガーは頭をかく。
「ただ、これ以上誰も死んで欲しくないんだ、俺は」
「人間は皆、利己的な生き物だと考えていたが、そうでもないのか」
 レイはニヤリと笑うと、エドガーを狙う男達の元へ、飛び立った。アルバとアーサーは初めて見る龍の姿に盛り上がっていた。

「「やべええ! 龍ってほんとにいたんだあー!」」
『人間ごとき、俺が1人で捕まえてやるさ。そのあとファルコンに渡せばいい』
 レイはアルバ達に接近し、炎のブレスを放った。アルバ達は寸でのところでブレスを避ける。この光景はデロメア・テクニカの人々の注目を集めていた。
「おいアーサー。あまり時間かけると、俺達が目立ちすぎる。これ効くかなー」
 アルバは硫酸の入ったボトルを手に取ると、龍に向かって投げつけた。”人間”を甘く見ていたレイは、このボトルを避けることなく向かって行った。彼は、人間の武器などで、高貴な龍の鱗を傷つけることはできないと高を括っていた。しかし硫酸のボトルが弾け、レイにかかると、その身体は灼熱を帯びて溶けていった。

『そんなバカな!』
 レイは翼を失い、人型にモーションチェンジしながら、デロメア・テクニカの地面に叩き付けられた。人々はその周囲に群がった。エドガーも彼に走りよる。まだ息はある。彼は持っていた鎮痛剤をレイに打った。人間ならば確実に死んでいる傷――それでも生きているのは、さすが龍王の息子だった。エドガーは彼を背負い、デロメア・テクニカの人々の協力を得ながら、ファルコンの支部へ向かう。
『くそっ、人間などの武器で、俺が重傷を追うとは』
「なあ、案外他人って、自分より出来るやつが多いもんだぜ。自分は弱い、馬鹿だ、役立たねえ。そっから始めることが、大事なんじゃねーのかな」
 エドガーは笑いながら、レイに話した。

 アルバとアーサーは、エドガーにヒトの目が集まっていることで、手が出せなくなっていた。彼らは残り20時間弱、逃げ切ることに注力することとした。エドガーはファルコンの支部に到着すると、そこで働く女性の数に驚いた。多くの女性が”人間”の未来のためと、戦闘に参加していたのだ。

 パオラ・アテネと名乗る女性もその一人だ。彼女はエドガーの話に耳を傾けた。物証はないが、アルバ・ベータという男が今回の主犯かもしれないこと。アテネはそれを信じ、レイブンへの調査依頼を出すことをエドガーに約束した。
「けれどその前に」
 彼女はレイを治療室に連れて行き、最新の治療薬を飲ませて、点滴を打った。

 エドガーの言葉により、ファルコン、そしてレイブンは半信半疑ながらもアルバ・ベータの捜索にあたり始めた。アルバは結局ゴッズ・ヴァルスを頼り、デロメア・テクニカからハーネスラインへと逃走を続けた。

 そして――72時間が経った。 



スポンサーリンク

《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間←いまここ
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る