第19項 72(セブンティツー)

max

 ファルコンでは保守派と強硬派の意見が対立していた。
 強硬派の意見はこうだった。
「クレイモア側からの一方的な友好条約など、結ぶ必要はなかったのです。3日間待つなどと、上から目線でものを言ってくる、気に入らない」

 それに対する保守派の意見はこうだ。
「グルジアまでの占領は許容してもいいのではないか。というのもマタリカ大陸内でクレイモアと話し合いが出来ることはメリットだからだ。それ以上侵略してくるなら人間側も応戦せざるを得ないが、その場合にはカリアスの開発した兵器で勝てるのだから、グルジアで落ち着いてくれるならその方がいい。だから3日間のうちに、凶弾を放った真犯人を捕えてクレイモアへ話をしないと」

 両者は譲らず、意見は前に進もうとしない。
「カリアスの開発した装備を使っても、カミュ将軍が敗北した事実を忘れてはいけない」
 クライアントはバラバラになりそうな会議をまとめにかかった。
「もちろんカミュの敗北は、上層部のミスでもある。フォルス提督の方に戦力を集中させすぎた。今、我々はカリアスに新兵器と新薬の提供を促している。3日後にはある程度の量が届くはずだ」

 クライアントは、ナパーム弾、マスタードボム、ガトリングガン、強壮剤といった兵器を中央本部に発注していた。
「だが、できるなら戦いは避けたいと考えている。3日間で、クレイモアに凶弾を打ち込んだ犯人を捜そう。それに失敗した場合は、戦いもやむを得ない」
 両派閥の意見をそれぞれ取り入れた結論で、彼は会議を締めた。保守派は、ファルコンの暗躍部隊レイブンの戦力を増強し、凶弾の射手の探索が進められた。これに対しアルバ・ベータは、自分達が3日間逃げ切れば、ファルコンとクレイモアの間に致命的な溝が作れることを自覚していた。彼らはこの3日間のことを、72(セブンティツー)と呼び、逃げ切ることを至上命題とした。

 とはいえファルコンは、アルバ達が犯行に関わったことを知らない。彼らは過去に起きたテロの関係者を、しらみつぶしに当たっていくしかなかった。しかもその中には、正解がないかもしれない――そんな恐怖と戦いながら、レイブンは3日間を過ごしていく。この広い世界の中で、静かに暮らしていれば、3日間などすぐに過ぎてしまう。アルバ・ベータは勝ち試合を確信していた。

 アルバ・ベータの勝利に、亀裂を走らせたのはエドガー・ラルティーンだ。エドガーは昔クレイモアがエレメンシア大陸で激戦を繰り広げていたころ、戦場でいくつもの死を見届けた。相手が人間だろうと、復元者だろうと命の灯火が消えるのは悲しい。彼は涙を必死でこらえて、人々の手当や、死体の処理を行なっていた。そんなとき、石造りの家の屋根で、ニヤニヤ笑いながら、人が死んでいくのを見ている男の存在に気づいた。赤い髪と赤い眼鏡――。運命の72時間まで残り24時間、エドガーは今、その狂人のことを思い出していた。

 彼はデモリューションを率いる女性ヴァリアスを訪ね、こう伝えた。
「なあヴァリ姉、俺、ちょっと勘でデモリューション動かしてもいい?」
 ヴァリアスは少し考えて、力強く言った。
「この24時間は勝負のとき。勘でもなけりゃ、動けない」
「サンキュー、ヴァリ姉!」
 エドガーはデモリューションのバスを動かす。赤い髪の男が今回の凶弾の犯人だと信じて。そして赤い髪の男が犯人ならば、デロメア・テクニカの関所を越えようとはしないだろう。エドガーは男の潜伏先をグルジアと断定して、グルジアに入り、町中のカフェを走って回った。
「72時間逃げ切るために、何の変哲もない日常を取り繕うなら、カフェにでも入ってコーヒー飲んでるんじゃね?」
 エドガーの勘は、見事に当たる。アルバ・ベータはグルジアのカフェでコーヒーを飲みながら、化学書を読んでいた。アルバは、店の前に大きなバスが止まったことを不審がった。
「ビンゴ!」
「エドガー、これをもっていけ。催眠爆弾。これを食らえば15分は何やっても起きん」デモリューション隊員の老人が、エドガーへ爆弾を渡した。
「サンキュー、ボムじいさん。いってくるぜ」
 エドガーはバスを降りて、店へと向かっていく。

「おいおい、マジか。アーサー、1匹飛行系を回してくれ。感づかれた」
 アルバは先手を打って手洗い場の窓から店を出ると、入り組んだグルジアの路地へと入っていく。そしてアーサーの放った神の軍勢と合流し、空へ逃げた。
「くそ、間に合わなくなっちまう!」
 エドガーは空を見上げて、言った。



スポンサーリンク

《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)←いまここ
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る