第16項 グルジア侵攻

max

 世界の状況を整理しよう。
 エレメンシア大陸、その西の端オルヴェンスワンを治めるのは神だ。その神の勢力を伺うように中部をクレイモアが治め、東の端サイドランドではゼットバーンの暗黒教団が暗躍する。
 マタリカ大陸はデロメア・テクニカ以北をカリアスが治め、東のアルテリア、ロマリアへファルコンが侵攻。その様子をうかがうのがプリズンという様相だ。

 マックス、エルフィ、レイはこの戦模様に不気味さを感じながらも、元メルッショルドの街ドブロムニクで、休日を謳歌していた。この港町は3年半前の大津波で被害を受けたが、人々の強い意志で、元の活気を取り戻してきていた。
「ドブロムニクは、その昔、世界中のものが1度は通ると言われた港だ。だから色んな文化が街に取り入れられているし、飯も淘汰されている」
 マックスは言って、買ってきたケバブをエルフィやレイに手渡した。
「ちょっと辛いけど、美味しい! ほっぺた落ちそう」
「意外と人間の食べ物も美味いな」
「だろ? 人間の食欲は凄いんだ。どんどん美味いものをつくりだす」
 マックスもケバブを一口食べ、二口、三口とあっという間に平らげてしまう。

「そうだ」
 彼は指先をハンカチで綺麗にすると、ポケットから黄色の髪留めを取り出す。
「エルフィこれ、さっき買ったんだ。その、髪留め痛んでるように見えたから」
 エルフィはきょとんとして、それからマックスに手渡されたそれを優しく受け取ると、頬を赤らめて言う。
「ありがとう。大事にするね」
「お邪魔みたいですね、俺は」
「そ、そんなことないよレイ! そうだ、私のケバブも食べる?」

 レイは無言でエルフィからケバブを受け取ると、ケバブをもぐもぐと頬張った。彼らは穏やかな時を過ごしていた。しかしこの日、マックスが伸びてきた髪の毛を切ろうと思って入店した美容院で、不穏な噂を耳にする。ファルコンの東部遠征によって西側の守備が薄くなったと考えたクレイモアが、マタリカ大陸西岸部への侵攻を計画しているというのだ。クレイモアがエレメンシア西部のオルヴェンスワンを安心して攻めるために、東側の安全を確保しておきたいとの意図からだ。

 この噂はもちろんファルコンにも届いていた。当然、ファルコンはクレイモアのマタリカ上陸を阻止するために動かねばならなかった。だが、初動が遅れた。それゆえ、クレイモアはヴィヴァリンより複数の艦隊で海に乗り出し、メルッショルドの沿岸部へ各個上陸して、メルッショルド最北端の街グルジア付近へ集結するよう動くことができた。ファルコンがこのクレイモアの上陸作戦に対応できなかった原因は明らかだった。ファルコンの戦線が東に伸びきったために、フォルス提督やクライアント将軍との連絡が遅れ、判断が遅れたのだ。

 クレイモアの戦闘指揮者はルドルフ。クレイモアは無敗将軍を用いて、マタリカ大陸にその足がかりを作るつもりだった。これに対してファルコンは敏腕、黒衣の将軍カミュを投入し、グルジアの守備に当たった。グルジアを奪われれば、デロメア・テクニカの地は目と鼻の先となってしまう。

 約2万の兵力を集めたルドルフは、5万の兵をもってグルジアに篭城するカミュに手を焼いた。ルドルフは、グルジアが小高い山の上に築かれた都市だったため、食糧の補給を絶てば城内の兵士は飢えに苦しむだろうと考えたが、カミュはグルジアに豊富な食糧と水を備えていた。

 ルドルフは、グルジアを無視してデロメア・テクニカへ向かうことを計画した。そうすればカミュは城を出て戦わざるをえない。ルドルフの作戦は必然的にカミュを誘い出した。ルドルフは城を出たカミュの隊列が伸びきっている隙を狙って各個撃破し、黒衣の将軍に多大な損害を与えた。

 ルドルフの軍は、『人間に蹂躙されたこの土地を復元者に取り返そう』とのスローガンを掲げ、メルッショルドやデロメア・テクニカに散らばっていた復元者の協力を取り付けて、食糧の補給を受けた。だから彼らは食糧を持ち運ぶ必要がなく、その分速く動けた。戦場で速く動ける、足手纏いがないとは、それだけで軍を数倍強くする。

 ルドルフの進軍を止めようと思えば、メルッショルドやデロメア・テクニカに住む復元者の家や田畑を焼き尽くせば良かった。だが、カミュ将軍はその優しさから、その作戦を取れずにいた。ルドルフはこのカミュの優しさに付け入り、機動力を重視した戦いでカミュを追いつめた。クレイモアは被我兵力差が2:1を越えたところでグルジア市内を襲撃、カミュ将軍を捕えた。




《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻←いまここ
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  2. アイン2
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…
  3. gaiden1
    これは、秘匿とされた物語。 &nb…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。