第7項 アトラス

max

「エンドラルさん! クラリスさん!」
 スヴィーナの指揮する復元者部隊の中に、マクシード・ライゼンハルトもいた。彼は火のついた館に走り込むと、大声でエンドラルとクラリスの名前を呼んだ。館の中心部にある巨大な扉を開けると、そこに2人はいた。スヴィーナの繰り出した神獣を退け、逃げ道を確保しようとしている。

「よかった、まだ無事でしたか。こちらから外へ出られます! まだ火の手は上がっていません」
 叫ぶマックス。しかしそこへ、神獣の肩に乗ったスヴィーナが到着する。
「あれれ? 何なのかしら。クレイモアの制服を着ているのに、あの2人の手助けをしている子がいるなあ」
 スヴィーナの目は、夜の暗闇の中で怪しく光っていた。マックスは背筋がぞっとするのを覚えた。

「一緒に殺しちゃっても、いいよね」
 スヴィーナはスピリットを取り出し、2体の神獣を呼び出す。矛先はマックスだ。マックスは神獣の攻撃を紙一重でかわした。しかし第2波をかわすだけの余裕は彼にはなかった。キン、という音と共に神獣の攻撃を塞いだのはエンドラル・パルスだ。彼は神獣を切り裂くと、ミッドナイト クロスを復元し、龍の背に乗ってスヴィーナの元へ飛ぶと、彼女へ鋭い一閃を加えた。だがエンドラルの攻撃は、スヴィーナ配下の復元者の犠牲によって防がれた。
「お前、よくも私の部下を」
 スヴィーナは再びスピリットを取り出し、神獣を呼び出す。エンドラルは神獣の攻撃をなんとかかわしながら、クラリスに館からの脱出を促す。クラリスは、ルクシオンに伝わる力で”大雨”を呼び出し、スヴィーナの視界を奪うと同時に、火消しを図った。
「私にもっと力があれば、街全体の火を消せるのだけど」
「クラリス、今は脱出できるチャンスをつくってくれただけで十分だ。マクシード、礼を言う」
「自分の気持ちと向き合って、気持ちが向くことをやったまでです!」
 マックスの言葉を聞いて、エンドラルはにやりと微笑む。一気に館の出口まで、エンドラルとクラリスは走った。しかし。

「よくやった青年。2人をこの場所へおびき寄せたことは、大きな戦果だ」
 そこにいたのは、クレイモアを率いる王――アトラスだった。
「この2人の相手は、私自身が行なおう。それにふさわしい相手だ」
 アトラスは自分の背丈ほどもある長大で、無骨な大剣を取り出した。そしてこの大剣を、一般の人間に見えないほどの速さで振り下ろす。エンドラルはミッドナイト クロスでこの一撃を受けたが、盾は半壊し、振動が彼の左腕を破壊した。
「ぐっ」
「エンドラル! アトラス。あなたは許さない!」
 クラリスは腰から取り出したマンゴーシュをアトラスめがけて突き出す。アトラスは、彼女の突きに対して右足で蹴りを繰り出した。クラリスの突きはアトラスのボディを捉えていたが、アトラスの纏っている鎧は、マンゴーシュ程度の攻撃ではかすり傷しかつかなかった。
 アトラスの蹴りによって吹き飛んだクラリスは、痛みに小さなうめき声を上げながらも、エンドラルとアトラスの戦いの様子をうかがっていた。
 エンドラルは、アトラスにダメージを与えるためには鎧の継ぎ目にある関節――特に致命傷を与えられる首もとを狙うしかないと考えていた。
『ファシス・ラビルに乗っての直上攻撃しかない。龍王、最後の力を貸してくれ』エンドラルは半壊状態の盾を復元すると、風のような速さでその場を飛び立った。
「クラリス!」
「はい!」
 2人の間に言葉は要らなかった。クラリスはアトラスの直上に雨を降らせる。これでエンドラルの直上攻撃がいつ行なわれるか、アトラスにはわからないはずだった。それでもアトラスはエンドラルの直上攻撃を読んでいた。彼は肩パッドでエンドラルの攻撃を逸らすと、大剣の一撃をエンドラルの腰に見舞った。

 エンドラルは吹き飛び、地面を転がり、ぴくりとも動かない。脊椎が破壊され、彼は下半身が麻痺していた。アトラスはエンドラルにとどめを刺すために近づいていく。『だめ!』クラリスが痛みを我慢してエンドラルの元に駆けつけた。泣きながら彼を抱くクラリスを、エンドラルも静かに抱き返した。
「最後の瞬間までクラリスを抱ける。それだけで俺は十分だ」



スポンサーリンク

《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス←いまここ

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る