第5項 将軍ルドルフ

max

 平行線を辿るクラリスとヴァリアスの交渉。その均衡を破ったのはエドガー・ラルティーンだった。

「みんな、髪の色を赤や緑に染めちまえばいいのにな」
 彼の言葉に、クラリスがあははと笑う。
「冗談じゃねーよ。クラリスさん、俺、人間か復元者かどっちかわかる?」
「復元者・・・だったらそんな質問はしないわね?」
「ちぇっばれたか。賢いなー。でもさ、髪の色だけで人種を判断してるやつらだっているんだぜ。髪の毛染めちゃえば万事解決ーとはいかないの?」
「そう簡単じゃないわ。私たちはもう何年も殺し合いをしてきているから。憎悪の連鎖を止めることが、できないのよ。家族や仲間を殺された恨みを晴らすために、敵を殺して。敵方にだって家族や仲間があるから、同じように恨みを晴らすため敵を殺す。そんな連鎖がずっと続いているの」
「連鎖を断ち切らる方法はないんですか?」
 マックスが問う。

「あるには、あるわ。人々が哀しみを受け入れて、敵を許すか。どちらかが滅ぶか」
「クレイモアは後者を目指している」
 ヴァリアスは告げた。クラリスは胸に手を置いて、懇願するように言う。
「ヴァリアスさん、クレイモアに退いていただくことはできないのでしょうか。この辺りの復元者は皆、クレイモアに合流しています。ということはクレイモアが退けば、レバノンは平定できるんです」
「クレイモアは退かないだろうな。レバノンは、今後西のオルヴェンスワンへ攻め込むための要所だから」
「それでしたら、やはり戦うしかないようです」
 クラリスは立ち上がり、丁寧に礼をした。
「なんでだよ」
 エドガーが叫んだ。
「クラリスさん、あんた良い人じゃないか! そんな良い人が、戦争しちゃいけねえよ。エンドラルさん、あんたも昔、あのアイン・スタンスラインと一緒に戦って、限界を超えたこともある英雄だろ、なんでわざわざ行かなくてもいい戦場に行くんだよ」

 クラリスはエンドラルの方を見、エンドラルはわずかに微笑みを浮かべながら、青年に向かって優しく言った。
「エドガーと言ったか。エドガー、他人の行動は変えられない。けれどな、自分の行動は変えられる。人の言葉や、物事の流れに身を任せるのではなく、自分の気持ちと向き合って、気持ちが向くことをやればいい」
 エンドラルはそれだけを言うと、クラリスと共に石造りの家を立ち去った。

 会談が終わった後、ヴァリアスは哀しそうに南の空を見つめていた。エドガーもしゅんとしていたが、ふとマックスの方を見て、仰天した表情を浮かべた。
「そういやお前、それクレイモアの制服じゃねーか! 何できづかねーんだ俺! なあ、さっき聞いたことアトラスには絶対言うなよ! 絶対だからな」
「わかってるさ。絶対誰にも言わない。自分の気持ちが向くこと・・・か」
 マックスはその後クレイモアへ帰還する。軍を無断で1日抜けた彼は、上官から鉄拳の制裁を受けた。軍靴の音は、目前まで迫っていた。

***

 クレイモアはレバノンの戦いを終わらせるため、並々ならぬ戦力の投入を考えていた。ズフィルシア東部の平定に尽力し、かのライロック・マディンの再来と呼ばれた将軍ルドルフを、この戦争に投入することに決めたのだ。

 四天王一の才覚をもつと言われるルドルフは、緑色の髪にいくらかの茶髪が混じった復元者で、医学と科学、兵学を幼い頃から修めていた。10歳の頃には戦場で戦医として人々の傷を癒し、爆薬や薬の調合を行なっていたという。20歳でクレイモアに合流してからは、指揮者としてめまぐるしい活躍をし、1年後にはアトラスの右腕として信用を勝ち取っていた。ライロック・マディンの再来と呼ばれ始めたのはこの頃だ。それ以降、ルドルフの参じた戦場は連戦連勝。戦績は僅か3年で23勝0敗。彼が参戦するということは、クラリスたちの勝ち目は、限りなく低いと言えた。

 さらにアトラスは、四天王最強の復元者スヴィーナも召還した。復元者スヴィーナ、彼女の才能はその復元能力にあった。通常の復元者は1つのスピリットを復元するだけで、精神力の大半を消費する。さらに復元した物体は5ベルトも離れると消えてしまう。しかしスヴィーナは一度に3つの物体を復元し、復元した物体は100ベルトも離れたところで作戦行動をとることが出来た。



《第3部マクシード・ライゼンハルト目次》
第1項 マクシード・ライゼンハルト
第2項 エンドラル・パルス
第3項 クラリス・レイヤー
第4項 エドガー・ラルティーン
第5項 将軍ルドルフ←いまここ
第6項 復元者スヴィーナ
第7項 アトラス

第8項 エルフィ
第9項 ヴァルマサルサ
第10項 レイブン
第11項 人造の神
第12項 レイ
第13項 龍王プロメテウス
第14項 アルバ・ベータ
第15項 狂人達

第16項 グルジア侵攻
第17項 会談
第18項 停戦友好条約
第19項 72(セブンティツー)
第20項 1人の人間
第21項 決裂
第22項 プロフェッサーPO
第23項 エッジ
第24項 神の光

第25項 戦場の男女
第26項 カリアス・トリーヴァ
第27項 儀式
第28項 邪神ディアボロス
第29項 還元者
第30項 光
第31項 セフィロス
エピローグ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 59736578-19f0-4460-a22b-36c70aa80895
    プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  2. アイン2
    こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…
  3. gaiden1
    これは、秘匿とされた物語。 &nb…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。