第6項 ガントチャート

 クラリスと離れたエンドラルは、元ロマリアの地へ立っていた。彼は、アドヴァーグの次の狙いを、ロマリアに住まう龍ファシス・ラビルだと考えていた。廃墟と化したロマリアの街を抜け、アイン・スタンスラインがかつてそうしたように、エンドラルもまた龍の棲む山に登り始めた。

『仕事もせずに、何をやってるんだろうな』
彼はパイルシュレッドの仕事をファリスに引き継いで、アドヴァーグの追跡を続けていた。

『本当なら、身内の死なんて、有り触れたもので、そんなことがあっても、変わらず生きていかなきゃいけないものなんだ。たとえ他人に殺されたからといって、社会生活をほっぽり出して、復讐のために歩き回るなんて許されない。それが許されているんだから、有り難い立場だ』
龍の棲む山の頂に到達したエンドラルは、龍王ファシス・ラビルと対峙した。彼は、金髪の男アドヴァーグが龍王の命を狙っていることを伝えたが、龍王は聞く耳を持たなかった。龍王は自分の課した試練を乗り越えたものにしか力を貸さないし、耳も貸さない。それはアイン・スタンスラインの時代から変わらなかった。

 エンドラルはファシス・ラビルの協力を得るため、試練を受けることを決めた。龍はエンドラルの意識を、マナ次元へと誘い、試練を与えた。かつてアインも受けた試練だ。そこでは、奴隷炭坑でモノのように扱われたことを再体験したり、何通りものシチュエーションで死を経験させたりする拷問が待っていた。人間の尊厳が失われるような幾多の経験、エンドラルはわずかな時間で悲鳴を上げ、ファシス・ラビルに解放を求めた。とてもじゃない、とてもじゃないが耐えきることなど出来なかった。これに耐えきったアイン・スタンスラインは一体何者かと、エンドラルは戦慄した。

 エンドラルは四つん這いになって冷や汗を絶えず流していた。ファシス・ラビルはエンドラルの弱さに失望していた。アイン・スタンスラインはやはり希有な存在だったのだ。

 そこに現れたのは金髪の男アドヴァーグ・ドースティン。彼は右手に涙色の剣を携えていた。それはダイダリアサンの背骨で造られた剣だった。
『人間よ、我ら精霊に敵うと思っているのか』
「敵うさ。お前達精霊は、生まれ持った身体の強さだけで物事を解決しようとしている。それは停滞だ。人間には知恵がある。精霊の身体を引き裂くことの出来る刃を造り出す技術がある。ガントチャートを作成し、計画的に物事を実行する理性がある」
アドヴァーグは力強く答えた。ガントチャートとは、時間を横軸にして、タスクを所要期間に比例した長さで表した工程管理図だ。ファシス・ラビルよりも先にダイダリアサンを殺すこと、ダイダリアサンよりも先にシュワンを殺すこと。それが彼の考えだした工程だった。

 動けないエンドラルの隣で、アドヴァーグとファシス・ラビルの戦いが始まった。アドヴァーグはまず、龍王の翼を切り裂くことに尽力した。空に逃げられては龍を殺すことはできないからだ。そんな企みを知らない龍王は、地上に立って炎のブレスを吐き、アドヴァーグを焼き殺そうとした。
「斬!!」
 アドヴァーグの力強いかけ声と共に放たれた一閃は、ファシス・ラビルの右翼を破壊した。ダイダリアサンの骨から造り出した剣は、凄まじい切れ味を誇っていた。ガトリングガンすら跳ね返す龍王の鱗を、豆腐のように切り裂いていくのだから。ファシス・ラビルは堪らず、アドヴァーグに精神攻撃をしかけようとしたが、その攻撃もシュワンの目玉によって防がれた。

 エンドラルはアドヴァーグと龍王の戦いを間近で見ながらも、酷いめまいに見舞われていたため、それに介入できなかった。かつて限界を越えた力――Xceedを発揮できた少年も、今は一人の人間でしかなかった。
 戦いはアドヴァーグの有利に動いていた。ブレスをかわし続け、龍王に鋭い切り込みを入れていく。頑丈な龍王も、ついに大きな咆哮をあげて、倒れた。
『こんな時代が来るなら・・・、あの時代をもっと深く味わっておくんだった。後悔先に立たず、か。なまじ寿命が長いから、死に対する準備ができていなかったな。あぁ、死は恐ろしい。暗い、全てを飲み込む深い穴だ』
 ファシス・ラビルは事切れた。アドヴァーグはポケットから通信機を取り出して、一言二言話すと、龍王の首を切り裂いて、30kgはあると見られる首を引きずって、山を下りていった。

 エンドラルは悔しさで、地面を何度も叩いた。龍王が傷ついていく様を、何も出来ずに見ていた自分を。その後アドヴァーグに全く無視された自分を。

 
《第2部エンドラル・パルス目次》
第1項 プロジェクト
第2項 プロジェクトマネージャ
第3項 プロジェクト リソース
第4項 ネットワーク図
第5項 コスト差異
第6項 ガントチャート←いまここ
第7項 フィージビリティ・スタディ
第8項 プロジェクト使命
第9項 プロジェクト コントロール
第10項 プロジェクト・デザイン・マトリックス
エピローグ2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ルクシオンがまだ、ユタアース〜内側の世界〜に属していた頃の話だ。 このころルクシオンは、住人か…
  2. プロのイラストレーターの挿絵であなたの作品を一層魅力的にします! プロのシナリオライターがあな…
  3. こんにちは。 橋本橙佳です。 このエントリでは橋本橙佳が様々なクリエイタ…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。