第3項 プロジェクト リソース

end

 エンドラル達を襲撃した金髪の男は、シュワンの首を持ったままエンドラルの方を一瞥すると、エンドラルの後方で痙攣を起こしていたウィル・スタンスラインに視線を向けた。そしてウィルに素早く近寄り、みぞおちに一撃を加えて気絶させ、肩に背負うと、そのまま平屋の外へと飛び去っていった。

 エンドラルは一瞬の出来事にあっけにとられていたが、すぐに正気を取り戻し、金髪の男を捕えるため平屋の外へ出た。金髪の男は平屋の隣に乗り付けていたサイドカーにウィルとシュワンの首を乗せると、自らも颯爽と乗り込み、アクセルを吹かして南へと向かった。エンドラルは金髪の男を追うためバイクに火を入れたが、前輪に釘がさされていることに気づく。そのままバイクを動かせば、タイヤだけでなくホイールまでも破損し、大事故を起こす可能性は十分にあった。それでも彼はシュワンを殺害し、ウィルを連れ去った男に追いつくためバイクを動かした。

 エンドラルは、金髪の男の立ち振る舞い、雰囲気に見覚えがあった。その男の名はアドヴァーグ・ドースティン。アイン・スタンスラインの戦友であるサイトウ・エルザルト・ドースティンの1人息子だ。エンドラルは彼に10年以上会っていないが、世の中全てに飽いているような乾いた表情と、スマートな振る舞いは、10年前から変わっていない。

「アドヴァーグ!」
 エンドラルは男に対して吠えた。男はそれに気づき、さらにサイドカーのスピードを上げた。アドヴァーグは高速でサイドカーを運転しながらも、脇のポケットから小瓶を取り出し、ウィルの髪の毛にまぶした。薄い緑色だったウィルの髪の毛は、みるみるうちに茶色へ染まっていく。アドヴァーグがウィルの髪の毛を染めた意図は、すぐエンドラルにもわかった。

「関所か」
 アドヴァーグ、エンドラルの進行方向に見えたのは、『人間による自治を目指す組織ファルコン』が設けた関所だった。簡単なチェックで復元者と人間を見分けている――チェック内容は髪の色だ。復元者は赤や青など派手な髪の色を持つことが多いため、派手な髪の人々は詳細な取り調べが行なわれる。金髪、茶髪、黒髪についてはチェック無しに中へ入ることが出来る。エンドラルは復元者であり、髪の色は青色だった。だから関所を簡単に抜けることが出来ない。
『関所を破るか?』
 エンドラルが胸の内で迷っているうちに、バイクの前輪がガタつきだした。彼はバイクを減速し、近くにあった大岩の影に隠れた。

 エンドラルが今後の行動について考えを巡らせる。巨大な鉄のかたまりが姿を現したのはそのときだった。横幅が5ベルト、縦幅が20ベルトはある、車輪が左右に4つずつ、合計8つもついている巨大な自動車がエンドラルの前に現れていた。自動車の中から出てきたのは赤い髪の女性だった。

「クラリス・レイヤー」

 エンドラルはつぶやいた。クラリスと呼ばれた女性は和やかに微笑み、エンドラルを車内へと案内する。クラリスはエンドラルにウィッグを渡すと、関所へ向かうよう運転手に合図した。運転手のアンドレイアは銀色の髪の男で、関所では復元者でないかと怪しまれたが、彼の持っている通行書を見ると、関所の番人達は渋々街への移動を許可した。銀髪は人間でも復元者でもありえる色だから問題ないとはいえ、関所を通るたびにこう疑われては、気分は良くない。クラリスは、「そろそろあなたも髪を染めるか、ウィッグをつけた方が良いわ」と進言したが、アンドレイアは、そんなことをしたら、せっかくの美貌に傷がつくと話して取り合わなかった。

 クラリスは、デロメア・テクニカ特有の薄いコーヒーを入れてエンドラルにふるまい、久しぶりの再会に喜びを露にしていた。エンドラルは、10数年ぶりに再会したクラリスが、思った以上に美しく成長していて、内心はドギマギしていた。それでもそんな内なる気持ちは見せず、この10年間の出来事をクラリスと共有した。
 クラリスは、カリアス・トリーヴァによって時を止められてしまったエレメンシア大陸の国、ルクシオンを解放するために、ルクシオンの出身者を集めているのだと言う。彼女自身がルクシオンの出身であり、故郷の解放は彼女の本懐だった。このデロメア・テクニカの街には、資本家ヨハネス・クライフハンガーを訪ねるために赴いたそうだ。プロジェクトのリソースであるヒト、モノ、カネのうち、カネを調達しようというわけだ。クライフハンガーは、混じりけのない純粋な”人間”だったが、アイン・スタンスラインの時代を愛した人間であり、過去を取り戻そうとする人々へ資金の援助を行なっていた。

 エンドラルは、伝書鳩を使ってパイルシュレッドのメンバに連絡し、取引先などをあたって、アドヴァーグ・ドースティンの動向を探るよう指示を出した。

 
《第2部エンドラル・パルス目次》
第1項 プロジェクト
第2項 プロジェクトマネージャ
第3項 プロジェクト リソース←いまここ
第4項 ネットワーク図
第5項 コスト差異
第6項 ガントチャート
第7項 フィージビリティ・スタディ
第8項 プロジェクト使命
第9項 プロジェクト コントロール
第10項 プロジェクト・デザイン・マトリックス
エピローグ2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る